性病の感染経路をありとあらゆる可能性で見る

性病の感染経路ですが、カンジダなどの性病については、当然ですが、幼少のお子さんでもかかることがあるため、性交渉などを、当然行っていない年代のお子さんでも、かかってしまうことがあることから、性交渉とは関係がないことは明らかです。ただ、性交渉などを行った際に、カンジダがパートナーにうつってしまうことはあり、これは成人した人や大学生などの間で問題となっています。ただ、不特定多数の人と性交渉などを行っていない限り、原因などははっきりとしており、通常の、貞操観念などがしっかりとしたパートナー、女性であれば、しっかりと好きな男性、彼氏さんとしか性交渉を行わないため、仮にカンジダになってしまった場合でも、男性は、彼女さんと一緒に、迷惑ですが、クリニックなどを訪れることで、そこで完治をさせることが出来ます。また、生理前や、風邪などを彼女さんがひいてしまった場合には、カンジダになることがあり、この場合には、風邪などの病気のために、カンジダになってしまうという悲しいケースもあります。それとは別に、彼女さんが、内緒で浮気をしていたり、よく問題にされるテーマとして、風俗嬢やキャバクラ譲として働いていた場合には、当然ですが、不特定多数の男性と性交渉を行うことにより、性病の感染経路は大きく拡大します。昔からあることですが、不特定多数の男性と性交渉を女性が行う場合、当然ですが、相手のパートナーにもその性病をうつしてしまい、その結果、彼氏さんまでも性病になってしまう、このことが問題となっています。これについて、心辺りがない、自分の彼女がそんなはずはない、と思う場合でも、女性の場合には、内緒で上記のような仕事をしている人もいるため、注意が必要です。

性病?処女なのに性器がかゆい

現在日本では色々な性病がありますが、そのほとんどが性行為あるいはオーラルセックスなどで感染をしています。ですが性病の中にも、性行為をしていない女性でもかかってしまう病気があります。カンジダ膣炎という病気は、体力や免疫力が低下した状態のときになりやすいのが特徴です。日頃の疲れや極度のストレス、風邪をひいたときなど体が弱っているときに発症してしまうケースが多いです。この他には風邪のときに抗生物質が原因となる場合もあります。膣内は通常乳酸菌によって酸性になっています。よくない菌が入り込んできて増殖してしまわないようになっています。ですが抗生物質を体内へ入れてしまうと、たちまち全身に作用してしまいます。そのため膣内に必要な乳酸菌や一般細菌なども一緒に消滅させてしまいます。この膣内に必要な細菌がなくなった状態のときに、細菌の代用としてカンジダ菌が増殖して発症してしまいます。ホルモンバランスの変化によって発症してしまうことも少なくありません。月経がくる前あたりにホルモンバランスを崩しやすくなり、それによってカンジダ膣炎にかかるケースもあります。カンジダ膣炎の主な症状というのが、非常に激しい痒みやおりものの変化や無臭などがあります。この他にも症状は人によってさまざまありますが、とくに目立つ症状はこの3つになっています。感染して間もない頃は少し気になる程度の痒みですが、次第に症状が進行していくにつれてかゆみも増してきます。膣の入り口付近で感染してしまうと、我慢できないほどのかゆみが襲ってくるので、その場合はすぐに病院で診てもらうと良いでしょう。このように性行為以外で性病に感染することもあるので、性行為をしていないからと言って性病じゃないと決めつけないようにして下さい。

性病のピンポン感染に要注意

性病は不特定多数と性行為をするほど感染リスクが高いですが、特定のパートナーがいる人もピンポン感染の可能性はあります。ピンポン感染とは、自分が性病の治療を行って完治しても、パートナーも実は同じ性病にかかっており、治療後の性行為で再発してしまうことです。治療と再発を繰り返す様子がピンポン球を打ち合っているようなので、このように呼ばれています。性病は感染してもすぐに症状が出ません。病原菌は体内に侵入しても一定期間は潜伏するので、検査しても陽性とならず気づかないうちにパートナーにうつしてしまいます。特にクラミジアや淋菌は、男性は目で見える症状があるので気づきますが、女性は自覚症状がほとんどないので性病にかかっていることすら分からない場合もあります。性病を防ぐのにコンドームを使っているカップルも注意します。確かにコンドームの使用は必須ですが、梅毒は股間の付け根に病原菌が存在するので、コンドームを装着しても肌が触れるたびに病原菌と接触してします。梅毒は悪化するとただれてその場所に病原菌が繁殖します。すると傷を治すために浸出液が出ますが、コンドームを装着しても浸出液が少しでも付着すれば、挿入の時に女性の体内に押し込むことになります。さらに淋菌やヘルペス、クラミジアなどの病原菌が口に入ると、咽喉で繁殖してしまいます。咽喉の場合は自覚症状がないので、日常的なキスだけであっという間に感染させてしまいます。一緒にパートナーと暮らしている場合は、接触する機会が多い分ピンポン感染のリスクが高くなります。ピンポン感染を予防するには、カップルのどちらか一方に性病が見つかったら、2人で治療を受けて完治させた上で性行為をするのが良いです。

■性病の検査を自分で行う
クラミジア 検査
■きちんと理解していますか?性病と向き合い治療することは大切なことです
トリコモナスは病名です
■性器ヘルペスの再発も抑制する治療薬
ゾビラックスで治療開始
■万が一性病になってしまった時の為に治療薬を手元に置いておくことが大切です
カーネステン膣錠