医者の処方箋が必要なバルトレックスとSTDヘルペス

バルトレックスは、一般的にSTDの性器ヘルペスの治療薬のイメージが強い医薬品ですが、子供の頃罹患した事がある水疱瘡の治療や日本国民の10%が罹患した事がある口唇ヘルペスの治療にも使用されています。しかし、近年では初性行為体験年齢の低下によるSTDに対する知識不足や性行為の多様化によるオーラルセックスの普及で、口唇周辺に現れるヘルペス症状の原因が単純ヘルペスウイルス1型と2型の区別が出来なくなっています。ヘルペスは、年間約7万2千人の受診患者がいるとされ、特に20歳代の女性に感染患者が多いとされ、特に女性は自覚症状がほとんどない為に感染に気付かず病態を悪化させてしまいます。その為、定期的な検査をする必要があり、感染してしまった場合には速やかに専門の医療機関を受診すべきです。感染患者の中には、STDという事で恥ずかしがるケースもありますが、バルトレックスは医者の処方箋が必要な処方箋薬なので、一般の市販薬の様には購入出来ない様になっています。
ヘルペスは、1度感染すると体の各所の神経節の奥深くに潜伏する為、バルトレックスでは体内のヘルペスウイルスを全滅する事が出来ず、何らかの理由により免疫力が落ちると再発します。その為、8週間から最大1年間のバルトレックスによる再発抑制治療を行う感染患者もいますが、再発の予兆を感じた時に直ちに対応出来る様に医者の処方箋を必要としない個人輸入で購入し、常備薬としている感染患者もいます。ヘルペスは、初感染の時は痛みや高熱を伴う症状を発症し、再発を繰り返す度に再発症状が弱くなるとされていますが、再発時に予兆の段階でバルトレックスを服用する事で再発症状を感じる事無くヘルペスを抑制出来ます。STDは、感染にいち早く気付き、いち早く適切な処置を講ずるべき感染症です。