アーカイブ | 5月 2016

  • バルトレックスはのどの渇きやアレルギーにも注意

    バルトレックスというのは、抗ウイルス薬の一種ですが、特に口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹、水ぼうそうなどといった、単純ヘルペスウイルスやそのなかまのウイルスに対しての効果をねらって開発されたものです。このバルトレックスを服用しつづけることによって、体内に潜入したヘルペスウイルスは増殖を抑制されてしまいますので、症状もしだいに改善がみられるようになります。ただし、ヘルペスウイルスというのは、一度感染してしまった場合、体外に抜け出すということはなく、ひきつづき神経節などの体の一部分に隠れているものですので、ストレスなどのなんらかのきっかけがあると、また増殖をしはじめて、病気が再発するということもあります。こうした場合も、やはりバルトレックスを投与しての治療となるのが一般的です。バルトレックスを使用する場合、症状により処方される量が異なることがあり、特に帯状疱疹のような、なおりにくい病気に対しては、一般的な分量よりも多めに、しかも1日に服用する回数のほうも多めになりますので、医師の指導のもとで正しく服用する必要があります。また、このバルトレックスの副作用としていくつか知られているものがあれますので、これに対しても気をつけておかなければなりません。服用の結果として、体がむくんだり、尿が出なかったり、体がだるくなったり、のどの渇きがあったりするのは、急性腎不全の症状である可能性があります。また、じんましんや皮膚が赤くなる、のどが腫れて息苦しいといった症状は、薬物アレルギーであることがうたがわれます。こうした副作用の症状が出た場合には、ただちに医師の診察を受けて、治療にあたることがたいせつです。