アーカイブ | 8月 2016

  • ヘルペスウイルスの血管侵入予防法バルトレックス

    バルトレックスはヘルペス治療用の最新の医薬品です。人体に感染するヘルペスウイルスは数種類あって症状は、皮膚や粘膜に水ぶくれのような赤い腫れ物ができて痛みをともないます。  帯状疱疹は、水ぼうそうウイルスがひきおこす皮膚疾患です。帯状疱疹の特徴として、身体の片側に赤みやブツブツ出て強い痛みをともないます。免疫力が低下する高齢者に多く、年代別では50代以上が全体の約7割を占めています。そのため高齢者などはなるべく早めにバルトレックスを服用して完治すれば、こわくはありません。 また口唇ヘルペス、性器ヘルペスなどは、ヘルペスウイルス感染により発症して感染した後は神経の奥深くに潜み疲労やストレスで免疫力が低下した時に、増殖して症状をひきおこします。バルトレックスはヘルペスウイルスを完全に死滅させることはできませんが、症状を軽くしたり治癒を早めたりする効果があります。 このようにヘルペス、帯状疱疹などは初期症状が出始めた時点で、バルトレックスを服用するとウイルスへの増殖を抑えられるのでより効果的です。しかし放っておくと、帯状疱疹後神経痛などになってしまう恐れがあります。とくに高齢者や糖尿病で血管や神経が弱っている人に多く見られ、皮膚症状が治まっても神経痛が長く続いてしまいます。 とくに最近は少子高齢化の影響で帯状疱疹が増加している原因に、子供が減って高齢者が水ぼうそうをもつ子供と接触する機会がないためウイルスに対する免疫力が弱ってきている現状があります。50代から増えて60~70代でピークの帯状疱疹は、目の回りがリスクが高く発症後数週間で脳卒中になる場合があります。ウイルスが血管壁に侵入して細胞に感染して血管の閉塞または破裂をおこす確率が高まります。これからはバルトレックスの常備は絶対必要です。